オリジナルエコバッグはナイロンで!ナイロンの特徴やメリットデメリットについて紹介

エコバッグ16

無料のレジ袋を廃止するスーパーが増えてきて、エコバッグを持参する人も多くなってきました。

2020年7月1日よりレジ袋が有料化するので、これからもエコバッグを愛用する人が増えていくでしょう。

バッグは素材の違いによって使い勝手が大きく変わるため、素材はできるだけ自分に合ったものを選びたいもの。今回は、使いやすいエコバッグ選びの参考になるよう、ナイロンの特徴やメリットデメリットについて紹介します。

エコバッグってそもそも何?

レジ袋は石油でできており、原油を使うと金銭的なコストがかかってしまいます。またレジ袋を燃やすと温室効果ガスが排出されてしまうため、処分する時に自然環境に大きな負荷をかけてしまうのです。レジ袋を使わないようにすることが、ゴミ問題や環境問題の解決に繋がります。

バッグを持参すればレジ袋を使用することがなくなるため、買い物をする時に持っていくマイバックはエコバックと呼ばれているのです。最近ではオシャレで機能性に優れたエコバッグも各ブランドから多く出てきています。

便利でファッションアイテムにもなるエコバッグは、私たちの生活に欠かせない存在となりつつあります。

エコバッグは自分で作れる?

無地のトートバッグやファスナー、装飾のパーツなどは100円ショップで手軽に入手することができ、実際にエコバッグを自作している人はたくさんいます。もっとクオリティーの高いものを作りたいならば、プリントや刺繍などを専門の業者に依頼し、オリジナルのバッグを制作するという方法もあるでしょう。

既製品を使うのも良いですが、オリジナルグッズは創作する喜びや誰かに披露する楽しみを味わうことができます。自分で好きなようにデザインしたオリジナルのエコバッグを使うことができたら、いつものお出かけや買い物がより一層楽しいものになるでしょう。

ナイロン素材の特徴とは

ナイロンは石油を原料として作られた、「合成繊維」の一つで、エコバッグにもよく使われています。ナイロンは絹を目指して作られた化学繊維なため、肌触りがとても滑らかで、やわらかいという特徴があります。弾力性が高く伸縮性に優れているので、動きやすさが重要なスキーウェアや作業着はナイロン製のものが多いです。

ナイロンは軽くて非常に丈夫なため普段使いしやすく、毎日のように使うエコバッグの素材としてはピッタリと言えるでしょう。

ナイロン製のオリジナルエコバッグのメリット

エコバッグ31

どんな素材にも得意不得意というものがあります。ナイロンの特性や強みを活かすことで、買い物がより快適になるでしょう。ここからは、ナイロンの特徴や、メリットについて紹介していきます。

すぐ乾くので洗濯が簡単

ナイロンは吸湿性の低いため、湿気を寄せ付けず、水をはじくという特徴があります。吸湿性が低いと洗濯物が乾きますし、シワもできにくいので、アイロンも要りません。洗濯が楽なナイロンは、忙しい主婦の皆さんにピッタリの素材と言えるでしょう。

水をはじくため雨の日でも使いやすく、そんな所もナイロンはエコバッグとして向いている部分となっています。

軽いので持ち運びに便利

ナイロンは非常に軽い素材なので、普段使いは勿論のこと、通学や通勤の時にも重宝します。買い物袋には食材や色んな商品を詰め込むため、重量が軽いのはとても大きなメリットとなるでしょう。ナイロンとポリエステルはどちらも軽いですが、ナイロンの方が若干軽量なため、持ち運びのしやすさはナイロンに分があると言えるでしょう。

ナイロンはコンパクト性にも優れているので、普段はカバンの中にしまっておき、買い物の時だけエコバッグをカバンから取り出して使う何てこともできます。

丈夫なので長持ちする

せっかく作ったオリジナルのエコバッグがすぐに壊れてしまったら、とてもショックです。しかし、ナイロンは綿の約10倍と言われるほど摩擦に強く、そして伸縮性があります。そのため、擦れたり、引っ張ったりしてもそう簡単には壊れず、野外でも安心して使うことができます。

ナイロンは高い耐久性を持っているため、エコバッグのような長く使っていきたいアイテムにとてもピッタリです。

虫や薬品に強い

天然繊維と違い、ナイロンなどの合成繊維でできたものは基本的に虫が食べません。繊維製品はカビが生えたら諦めるのが無難ですが、ナイロンはカビも生えないため、長期間放置しても変わらず使えるのが嬉しいでしょう。

また、ナイロンは耐薬品性や耐油性に優れているため、あやまって薬品や油をかけてしまっても布への変化は少な目です。ナイロンは布製品が天敵とする虫やカビ、薬品に負けないという大きなメリットがあります。

ナイロン製のオリジナルエコバッグのデメリット

丈夫で長持ちするナイロンにも、苦手なものというのがあります。せっかく作ったナイロン製のオリジナルエコバッグをすぐダメにしてしまわないように、ナイロンの弱点やデメリットとなる部分を紹介するので、頭の中に入れておきましょう。

熱に弱く熱い所が苦手

ナイロンは熱に弱く、火を近づけたり、気温の高い場所に長時間放置したりすると素材が溶けてしまうことがあります。熱に弱いため、アイロンや乾燥機にかけるのはやめるようにしましょう。ナイロンは元々水に強いですし、しばらく放置すればじきに乾いていきます。

ただ、直射日光の元で乾かすと変形する恐れがあるので、ナイロン素材のものは陰干しで干すのがベストです。ナイロンとポリエステルは共通点の多い合成繊維ですが、ポリエステルはナイロンと違い熱に強いという特徴があります。

静電気が起りやすい

ナイロンは静電気が発生しやすい素材でできています。静電気が発生すると繊維が絡まってしまい、毛玉ができやすいです。また、合成繊維は天然繊維のものよりもにおいが発生しやすいと言われているので、嫌なにおいが染みついた時はしっかり洗濯しましょう。

安っぽく見られてしまう可能性がある

ナイロンは非常に軽く、光沢感などに安っぽさが出やすい素材です。ナイロン製のオリジナルエコバッグを自作すると、安っぽい見た目のものができてしまうことがあるので気をつけましょう。最近ではオシャレなナイロン製のエコバッグもありますし、ナイロンはカジュアルファッションとの相性が良いのは高ポイントです。

ナイロンはエコバッグにピッタリ

エコバッグ22

軽量で頑丈なだけでなく、コンパクトに畳んで持ち運ぶこともできるので、ナイロンはエコバッグとして大活躍します。レジ袋を使わないことが、ゴミを減らしたり、地球温暖化を防いだりすることに役に立ちます。エコバッグを持って買い物に行くことは、私たちができる最も身近なエコ活動になるでしょう。

オリジナルのエコバッグを作りたい時は、軽さと丈夫さを兼ね備えたナイロン製のものを作ってみてはいかがでしょうか。

ポリ袋要らずでごみを削減オリジナルのエコバッグを作成しよう