オリジナルエコバッグの展示会を行う時は何をすれば良いのか

エコバッグ31

全体からみると、身近なテーマに取り組んでできたオリジナルグッズは珍しいかもしれません。しかし、自分がてがけたハンドメイド作品がよくできた物だったら、皆に自慢したくなりますよね。苦労して作った物は、多くの人に見せたくなるのが普通ではないでしょうか。

展示会でオリジナルエコバッグを紹介したいという人に向けて、やっておくと良い事を詳しく紹介します。

オリジナルエコバッグはナイロンで!ナイロンの特徴やメリットデメリットについて紹介

何を思いながら作ったのか製作動機を伝えよう

手作り作品というと、普段使いのバッグやポーチ、服などが思い浮かぶのではないでしょうか。オリジナル作品を作る人の事を考えた場合、エコバッグをテーマに選ぶ人は限られてきます。展示会に訪れた人達の目線で考えると、そんな珍しいテーマを選んだ理由が気になるのは自然な事です。

展示会では多くの人が見に来ます。知り合いや家族だけではなく、顔も名前も知らない人までやってきます。時にはオリジナル作品作りに興味のない人まで来る事があるため、分かりやすい説明を心がけておかなければなりません。

そういった人達に興味をもってもらいたいなら、説明文の言葉選びに気をつけてください。展示会には老若男女さまざまな人が訪れます。そのため、専門用語を少なくし誰でも分かる言葉で動機を説明していかなければなりません。

来場者の目線を大事にしながら、エコバッグという変わったテーマを選んだ理由や製作に至った心境の変化を書いていくのが、重要なポイントです。といっても、変わった事を書く必要はありません。かしこまった文章にしなければならないという事もないです。

自分らしい言葉で動機を説明していくのが一番です。施設の規模や展示会の知名度にもよりますが、展示会では様々な職種の人がやってきます。ですが、すべての人に分かりやすい説明というものは存在しないため、気にし過ぎないようにしてください。

来場者さんに説明できるよう製作過程をまとめておこう

展示会の会場にいると、作品を見た来場者さんが質問してくる事があります。そういった時は興味を持ってくれている証拠でもあるため、できる限り答えてあげたいですよね。手作り作品がもたらしてくれた貴重な縁です。同じ趣味を持った人と交流できると、楽しいのではないでしょうか。

展示会ではこのような事がよくあるため、事前に製作過程をまとめておくと良いです。エコバッグという変わったテーマに取り組んだ場合は、必要な材料や製作にかかった時間、問題点を解決した工夫などを詳しく紹介すると、興味をもってもらえて良いです。

オリジナル作品に興味がない人でも、この機会に挑戦してみようと考える人がいるからです。作品のパーツを一つずつ指し示しながら、製作者本人の口から説明するのが一番分かりやすいですが、他の予定や都合の影響でできない人も存在します。

中には、展示会の趣旨やテーマの関係で行えない場合もあるかもしれません。そう言った時のために、あらかじめ大事な情報をまとめておいてください。展示会の会場に立つ事ができないという人は、紹介文を書いて展示すると良いです。

作品を作り上げた後に後から文を書くとなると、忘れてしまっている部分があるかもしれないため、製作中にこまめにメモをとっておく事が重要なポイントとなります。

エコバッグの展示スペースを分かりやすくしよう

展示会に作品を出したとしても、来場者さんからみて何があるのか分からな状態だと意味がありません。たくさんの人にみてもらいたいなら、ぱっと見た時に展示物の事がすぐに分かるよう、工夫を凝らす必要があります。ポイントは、主役となる作品を目立つ場所に配置する事です。

エコバッグの展示を行うなら、来場者さんの目につく通路の近くや展示スペースの中央などに作品を置くと良いです。派手な作品やデザインの凝った作品などを、分かりやすい場所に置くのもポイントです。オリジナリティ溢れる個性的な作品を作っている場合は人目を引きやすいため、その点を活かして配置すると良いです。

エコバッグの作品である事を強く主張したい場合は、使用シーンを分かりやすく伝える必要があります。そのため、買い物の時に購入する日用品などを入れてみて、一緒に展示すると目立つのではないでしょうか。

また、実際にその作品を使っているシーンを写真で撮影して、会場に展示するのも良いアイデアの一つです。その他には、イラストを描いて説明する方法も良いかもしれません。何を展示しているのか、どんなテーマがあるのか分からないと、来場者さんはすぐに興味を失ってしまいます。

多くの人に自分の作品をしっかり見てもらいたいなら、可能な限り工夫を凝らす事が重要です。

手作りの趣味を持った人達と交流して情報を得よう

展示会に参加すると、同じ趣味を持った人に出会いやすいです。そのため、多くの人と交流できます。遠くから来てくれる人もいるため、普段は会えない人と話ができるという点も大きなポイントとなります。展示会に参加するなら、これらの出会いを大事にしてください。

もしかしたら、自分と同じようにエコバッグと作っている人を見かけるかもしれません。そういった人が、自分では思いつかなかったアイデアや、作品を簡単に作る方法を教えてくれる事があります。一人で作品を作り続けるのも良いですが、色々な人と交流しながら製作していく方が上達が早いです。

作品作りの腕を上げたいと思っている人は、積極的に交流してみてください。

他の人の作品を見て自分の作品に取り入れてみよう

展示会では自分の作品を見てもらう事も重要です。しかしそれと同じくらい、他の人の作品を見る事も大切です。そのため、積極的に会場を見て回ると良いです。色々な作品を見て刺激を受けたいという人はこういった機会を無駄にしないようにしてください。

自分の作品と似ている物や違う物を見ていきながら、色々なアイデアや工夫をとりいれていくと楽しいです。同じテーマを扱っている場合でも、材料や製作方法が違うとまったく違った物になる事があります。作品本体だけでなく、展示スペースの見せ方なども参考になるかもしれません。

展示会で新しい発見を得たい人は、これらの事をしっかりと覚えておいてください。

展示会で紹介する物は作品だけではありません

エコバッグ32

展示会で紹介する物というと、自分が手がけた作品が頭に浮かぶのではありませんか。しかし紹介する物は、それだけではありません。製作動機や過程もあわせて展示する事で、多くの人に興味を持ってもらいやすくなります。

展示会に参加するなら、せっかくの機会を無駄にしたくはないですよね。多くの人と交流しながら、刺激を受ける事が重要です。